相続・贈与税に関する質問一覧
私が弟に遺留分侵害額を支払うという内容の判決が確定したのですが,更正の請求を行うことを失念していて,税務署から,遺留分に相当する相続税の還付を受けることができなくなってしまいました。この場合,弟に対して,遺留分に相当する相続税の支払を別途求めることはできますか。

質問者
橋本 大祐
回答数: 1
弟から遺留分に関する調停を起こされたのですが,私としても弟の言い分を受け容れて,調停を成立させることにしました。ところで,以前私は,私がすべての財産を相続するという前提で相続税の申告をしていたのですが,遺留分に関する相続税については,やはり弟に負担してもらいたいと考えています。その場合,やはり税務署に対して手続を行なう以外に方法がないのでしょうか。

質問者
橋本 大祐
回答数: 1
亡き父の法定相続人は,私と弟の二人だったのですが,父が生前,私に財産をすべて相続させる旨の遺言を作成していたため,これに基づいて相続税申告の準備をしていました。ところが,相続税の申告期限の直前になって,弟から,「父の相続に関して,遺留分減殺請求権を行使する」とだけ書かれた書面が内容証明郵便で送られてきました。相続税の申告に関して,どのように対応すべきでしょうか。

質問者
橋本 大祐
回答数: 1
被相続人が、長男に遺産のすべてを相続させる旨の遺言を作成していたため、これに基づき、長男が相続税の申告を行いました。しかしその後、次男が遺留分減殺請求権を行使してきました。この場合、相続税の申告内容を改めることはできますか。価額弁償の合意ができたため、それによって解決した場合はどうでしょうか。

質問者
橋本 大祐
回答数: 1
法律上の取消原因や無効原因がなく、相続人間の合意に基づいて遺産分割をやり直した場合、相続税の申告もやり直すことはできますか。

質問者
橋本 大祐
回答数: 1
一旦まとまった遺産分割協議が、詐欺や錯誤で取り消しとなったり無効となったりした場合、一旦まとまった遺産分割に基づく相続税の申告もやりなおすことができますか。

質問者
橋本 大祐
回答数: 1
遺産分割の結果として、被相続人の資産を法人に取得させるとした場合、課税関係はどのようになりますか。

質問者
橋本 大祐
回答数: 1
被相続人が、所有していた不動産を法人に遺贈していた場合、課税関係はどのようになりますか。

質問者
橋本 大祐
回答数: 1
同族会社を経営していた被相続人が有していた株式は、経営を引き継ぐこととなった次男が相続することにしたのですが、同族会社の株式の価値は、遺産分割に当たってどのように評価すべきですか。また、相続税法上の扱いはどうなりますか。

質問者
橋本 大祐
回答数: 1
被相続人が保有していた上場投資信託や上場株式は、相続税の計算上は、いつの時点での価格が用いられるのですか。

質問者
橋本 大祐
回答数: 1